ボディパンプ105 まとめページ

ボディパンプ105のまとめページです。曲やコリオの感想、クラスフォーマット等のDATEを網羅しています。参考になさってください。

 

ボディパンプ 105 曲 試聴

今回のポイントの一つが、トラック1・ウォーミングアップとトラック4・バックで登場するあるニュームーブの解説をしてみたいと思います。種目名は「プレート救われた・カール&プレス」。種目名:プレートスクワット・カール&プレスウォーミングアップは、2セット構成でセット後半に登場するのがこの種目。@ABCDポイント@脚幅は、スクワットのミッドスタンスAアームカールをするようにプレートを前からくるっと返してキ...

ニューリリース#105のスクワット「Do Or Die」(“やるかやられるか?”的なタイトルのなのでしょうか)。全3セット構成で、ほぼ一緒のコリオ展開【セット1・2・3】@スクワット4/4×2Aスクワット1/1/2×6Bスクワット2ボトムハーフ×4Cスクワット3/1×4D≪コンビネーション≫2シングル+2ボトムハーフ×4Eスクワット1/1×8(セット1・2は7レップ)今回のスクワットのポイントは「...

トラック3のチェスト「The Man」。種目は「ベンチプレス」「チェストフライ」「ベンチプッシュアップ」の3つ。チェストフライは若干久々の登場。大きな胸を作るには必須な種目。そのチェストフライはセット2・3で行います↓【セット2・3】@チェストフライ2/2×2Aチェストフライ1/1×9(台に手をついて)Bベンチプッシュアップ1/1×8Cベンチプッシュアップ4ボトムハーフパルス×4チェストフライ↓チ...

ューリリース#105のトラック4・バック「Stay For It」。全3セット構成で、ほぼほぼノンストップで進行します。出だしのデッドリフトの入り、音が非常にとりずらいかもしれません。ピアノの音をうまく掴めば割とすんなり出来ます。ポイントはセット2・3。ウォーミングアップでも登場するニュームーブ「プレートスクワット・カール&プレス」が登場します↓【セット2・3】@デッドリフト 4/4×4Aデッドロ...

トラック6のバイセプス「Champion」。バイセプスカールを「プレート」「バー」と交互に行う展開。頻?に持ち替えることにより、上腕二頭筋への刺激を変える内容となっています。全3セットで、ポイントはセット2・3↓【セット2・3】@プレート・バイセプスカール3/1×8A≪コンボ≫シングル(右)・シングル(左)+Wミッドパルスレンジ×4↓シングル↓シングル↓Wミッドパルスレンジ(バーに持ち替えて)Bバ...

ボディパンプ#105.個人的なハイライトはトラック4「バック」、トラック7「ランジ」かなと。両者共に強度高め。特にランジ「How Do You Feel Right Now」が凄まじい内容。ワークショップで初めてマスタークラスでこの曲を体験した時、「うおぉぉっぉw(゚ロ゚;w」「まだやるのかぁぁぁ!」と周りのインストラクター達と絶叫の阿鼻叫喚でした(苦笑)全2セットで、ともに同じコリオ展開↓【セッ...

トラック8のショルダー・「Lean Back」。この曲、ボディジャムの方でも使われていて、何やら人気トラック?なんですかね。口ずさんでいる方がちらほらでした。さてこのトラック、全3セット構成。セット1:プッシュアップとリアレイズセット2:プッシュアップとマックレイズ+アップライトローセット3:プッシュアップとプレートショルダープレスの3構成。プッシュアップとプレートを動作。様々な種目で肩の筋肉に対...

トラック9のコア「Sweat」。「ホバー」系種目でうつ伏せ、「プレートクランチ」で仰向けと、高頻度に「うつ伏せ⇔仰向け」都合3往復します。@スローホバータップ右左(うつ伏せ)Aプレートクランチ16パルス(仰向け)なので、コアトラックでは通常心拍数は低下傾向になりますが、この種目はそういったこともあり「ぜ〜ぜ〜はぁ〜はぁw(゚ロ゚;w」と、なかなかきつめです。スローホバータップは、腰幅から脚を外側に...

TOPへ