ボディパンプ111 トライセプス ポイント

 

 

リリース#111のトラック5・トライセプス「High Hopes」。
曲が非常にカッコよく、ノリノリになっていまうので要注意です(苦笑)。

 

今回のトライセプスも多種目で様々な角度から腕裏に刺激を掛けていきます。

 

ボディパンプ#111-5:トライセプス

@スタンディング・オーバーヘッド・エクステンション

 

Aディップス

 

Bキックバック

 

 

Cニーリング・オーバーヘッド・エクステンション

 

 

「オーバーヘッド・エクステンション」
「ディップス」
「ニーリング・オーバーヘッド・エクステンション」

 

のそれぞれで登場するコンビネーション「2シングル+トリプルパルス」が強烈。
どの種目もこのコンビネーションあたりで肘が外側に開きがち。腕を出来るだけ閉じて行うことにより腕裏に満遍なく負荷が掛かります。グッと堪えながら閉じつつ肘の曲げ伸ばしを!

ボディパンプ110 トライセプス ポイントA

リリース#110のトラック5「Woman Like Me」。
前半の「プレス・プルオーバー」、中盤後半は「シーテッド・オーバーヘッド・エクステンション」「ディップス」の2種目で、腕裏に対して多角的に刺激を加えます。中々な高強度。

 

 

ボディパンプ#110-5:中盤・後半

↓シーテッド・オーバーヘッド・エクステンション
ボディパンプ111,トライセプス,ポイント

 

ポイント

・手の幅は肩幅
・脚を必ず組んで座る(体幹を真っすぐ保つ)
・肘関節のみを動かす

 

 

↓ディップス
ボディパンプ111,トライセプス,ポイント

 

ポイント

・手の幅は肩幅
・お尻が台から離れすぎないようにする
・背中が丸まらないようする(胸を張る)

 

座っての「シーテッド・オーバーヘッド・エクステンション」。この種目の大事なポイントの一つが「脚を必ず組んで座る」という点。
体幹を自動的に真っすぐ保つことが出来ます。逆に言えば普通に座ると背中が丸くなりやすくなり、エクステンション動きそのものがうまくいかなくなるので要注意です!

 

 

レスミルズ×リーボックウェア 2020春夏モデル


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


商品の詳細はコチラをクリック


スポンサードリンク

TOPへ