レスミルズインストラクター佐藤拓巳の「レスミルズ大好き(・∀・)b」

レスミルズ レッスン日記/2019年1月・4週目

2019年1月26日(土) ボディコンバット60分

トラック 曲名 アーティスト

1-a.ウォーミングアップ上半身
(Upper Warm Up)

【78-1a】Savage Mode Kazzanova feat. Marvelus Fame

1-b.ウォーミングアップ下半身
(Lower Warm Up)

【78-1b】Fogo (WRECKVGE Remix) Garmiani feat. Julimar Santos

2.コンバット1
(Combat 1)

【78-2】Earthquake Hardwell feat. Harrison

3.パワー1
(Power 1)

【78-ボーナス】The Siren (Camo & Krooked Remix)

Bungle feat. Ayah Marar

4.コンバット2
(Combat 2)

【78-4】Devil Shinedown

5.パワー2
(Power 2)

【78-ボーナス】Worth The Lie Muzzy, Koven & Feint

6.コンバット3
(Combat 3)

【78-6】Be The One(Netsky Remix)

Dua Lipa

7.ムエタイ
(Muay Thai)

【78-7】Dancehall Soldier Yellow Claw feat. Beeni Man

8.パワー3
(Power 3)

【78-8】Wings(Nu:Logic Remix) Birdy

9.コンディショニング
(Conditioning)

【78-9】Young Blood 5 Seconds Of Summer

10.クールダウン
(Cool Down)

【78-10】Sure Don’t Miss You The Dip

 

レッスン後記

トラック8のパワー3「Wings」。ニュームーブの「アドバンシングフック」で瞬発力を要し、なおかつ脚も使います。
ここで疲労が蓄積したあとで登場する前への移動動作が、がさらに心拍数と肩の筋肉を追い込みます。

 

(コンバットスタンスで)
(前に移動しながら)2ジャンプジャブ+ジャブクロスジャブ→ランバック×8

 

ジャンプジャブはニーアップするように膝を上げながらのジャブ。上半身がしっかり立ってないとニーアップが不完全になるので、お腹を締めて胸を張りたいところ。

 

またそのあとの「ジャブクロスジャブ」のクロスで、やや重心を低くし身体を沈めて打ち込みたいところです。
ここはまさにチャレンジタイム(・∀・)b

 

2019年1月25日(金) ボディコンバット45分

トラック 曲名 アーティスト

1-a.ウォーミングアップ上半身
(Upper Warm Up)

【78-1a】Savage Mode Kazzanova feat. Marvelus Fame

1-b.ウォーミングアップ下半身
(Lower Warm Up)

【78-1b】Fogo(WRECKVGE Remix) Garmiani feat. Julimar Santos

2.コンバット1
(Combat 1)

【78-2】Earthquake Hardwell feat. Harrison

3.パワー1
(Power 1)

【78-ボーナス】The Siren (Camo & Krooked Remix) Bungle feat. Ayah Marar

5.パワー2
(Power 2)

【78-ボーナス】Worth The Lie Muzzy, Koven & Feint

6.コンバット3
(Combat 3)

【78-6】Be The One(Netsky Remix) Dua Lipa

7.ムエタイ
(Muay Thai)

【78-7】Dancehall Soldier Yellow Claw feat. Beeni Man

8.パワー3
(Power 3)

【78-8】Wings (Nu:Logic Remix) Birdy

10.クールダウン
(Cool Down)

【78-10】Sure Don’t Miss You The Dip

 

レッスン後記

トラック7のムエタイ「Dancehall Soldier」。
セット終盤のニュームーブ「ハーフガード」が一番のポイントですが、その前に登場する「プライオプッシュ」。

 

(コンバットスタンスで)
・プライオプッシュ+ディセンニングエルボー

 

レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト,2019年

 

レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト,2019年

 

両手で相手をはじくようにするのがプライオプッシュ。
はじきたいので単純に両手を前に押すようにするだけでなく、後ろから両腕を回すようにしてはじき飛ばしたいところ。

 

プライオプッシュのポイント

・後ろから腕をしっかり回す
・肩甲骨をしっかり動かす(ここ大事!)
・両手を前に出すときはしっかり止める(流れないようにする)

2019年1月24日(木) ボディパンプ45分/ボディコンバット45分

ボディパンプ45分

トラック

リリースナンバー
曲名
アーティスト

ターゲットマッスル

1.ウォーミングアップ
(Warm Up)

【108-1】
「Panic Room」
Au/Ra & CamelPhat

全身

2.スクワット
(Squats)

【108-2】
「Pump It Up (Extended Mix)」
Nari, Pain

脚 / 臀部 / 内もも

3.チェスト
(Chest)

【108-3】
「Great Wide Open」
Thirty Seconds to Mars

胸(腕裏)

4.バック
(Back)

【108-4】
「Therapy(Extended Club Mix)」
Armin van Buuren feat. James Newman

背中 / 臀部 / 内もも

7.ランジ
(Lunges)

【108-7】
「Ready For It」
Carmada feat. Tribes

脚 / 臀部

8.ショルダー
(Shoulders)

【108-8】
「Boomshakalak (Extended Mix)」
MR.BLACK & Diego Miranda feat.The Kemist

9.コア
(core)

【108-9】
「Let You Be Right」
Meghan Trainor

腹筋

10.クールダウン
(Cool Down)

【108-10】
「Remind Me To Forget」
Kygo & Miguel

 

レッスン後記

リリース#108も終盤戦。
トラック4のバック「Therapy」。ニュームーブのシングルプレートアームローwithステップバックが登場するセット後半。

 

その前のバーでの展開が心拍数急上昇する内容。
コリオ暗記時に「これ何回挙げるの(泣)」となったものです(苦笑)。

 

前段となる「ワイドロー」→「ワイドリフト」→「デッドリフト」のあとが勝負。
ある種、ここが今回のバックトラックのクライマックスだったりします↓

 

@クリーン&プレス+シングルデッドロー×4
Aクリーン&プレス×8
Bパワープレス+トリプルデッドロー×3

 

最初の「クリーン&プレス+シングルデッドロー」のコンビネーションが始まったら、最後のパワープレスの流れまでノンストップで一気に駆け上がります。
これは後半のプレートローの関係から、強度調整かと思われます。

 

それにしてもコンビネーションをこれでもかこれでもか!と矢継ぎ早になると、バーをキャッチする際の膝のクッションが甘くなりそう。
クリーン&プレスにしてもパワープレスにしても、膝を軽く曲げることにより、全身運動に=心拍数を上げる狙いがあります。
膝が前に出ないよ宇にしながら軽く曲げてキャッチなさってくださいね(・∀・)b

 

 

ボディコンバット45分

トラック 曲名 アーティスト

1-a.ウォーミングアップ上半身
(Upper Warm Up)

【78-1a】Savage Mode Kazzanova feat. Marvelus Fame

1-b.ウォーミングアップ下半身
(Lower Warm Up)

【78-1b】Fogo(WRECKVGE Remix) Garmiani feat. Julimar Santos

2.コンバット1
(Combat 1)

【78-2】Earthquake Hardwell feat. Harrison

3.パワー1
(Power 1)

【78-ボーナス】The Siren (Camo & Krooked Remix) Bungle feat. Ayah Marar

5.パワー2
(Power 2)

【78-ボーナス】Worth The Lie Muzzy, Koven & Feint

6.コンバット3
(Combat 3)

【78-6】Be The One(Netsky Remix) Dua Lipa

7.ムエタイ
(Muay Thai)

【78-7】Dancehall Soldier Yellow Claw feat. Beeni Man

8.パワー3
(Power 3)

【78-8】Wings (Nu:Logic Remix) Birdy

10.クールダウン
(Cool Down)

【78-10】Sure Don’t Miss You The Dip

 

レッスン後記

トラック1のウォーミングアップ下半身「Fogo」。上半身から一転してPOPなアップテンポ。
出だしは「ヒップロール」からスタート。ヒップロールは内側から外側に回す動作。

 

レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト,2019年

 

レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト,2019年

 

格闘技的には、脛や脚の外側で相手からのキック等に攻撃をさばきます。
フィットネス的に見ますと、股関節の筋肉を緩める・可動域を広げる等の意味合いがあります。

 

脚を素早く回しますが、上半身はそれにつられないように軸をしっかり固定して脚だけ動かす必要があるので、お腹に力を入れて行いましょう(・∀・)b

 

ヒップロールのポイント

・膝を真上に引き上げ外側に素早く開く
・開いた際に内ももが正面に向くようにする
・上半身は脚の動作につられず、胸を正面に向けたままにする

 

 

2019年1月22日(火) ボディコンバット60分

トラック 曲名 アーティスト

1-a.ウォーミングアップ上半身
(Upper Warm Up)

【78-1a】Savage Mode Kazzanova feat. Marvelus Fame

1-b.ウォーミングアップ下半身
(Lower Warm Up)

【78-1b】Fogo (WRECKVGE Remix) Garmiani feat. Julimar Santos

2.コンバット1
(Combat 1)

【78-2】Earthquake Hardwell feat. Harrison

3.パワー1
(Power 1)

【78-ボーナス】The Siren (Camo & Krooked Remix)

Bungle feat. Ayah Marar

4.コンバット2
(Combat 2)

【78-4】Devil Shinedown

5.パワー2
(Power 2)

【78-ボーナス】Worth The Lie Muzzy, Koven & Feint

6.コンバット3
(Combat 3)

【78-6】Be The One(Netsky Remix)

Dua Lipa

7.ムエタイ
(Muay Thai)

【78-7】Dancehall Soldier Yellow Claw feat. Beeni Man

8.パワー3
(Power 3)

【78-8】Wings (Nu:Logic Remix) Birdy

9.コンディショニング
(Conditioning)

【78-9】Young Blood 5 Seconds Of Summer

10.クールダウン
(Cool Down)

【78-10】Sure Don’t Miss You The Dip

 

レッスン後記

トラック3のパワー1はボーナストラックより「The Siren」。トータル3セットで、やや長めのパワー1。
基本、同じコリオ展開を繰り返します。

 

【フェーズ1】
(フロントスタンスで)
@(ゆっくり)右左右左ジャブ
A(速く)右左右左ジャブ+右左ボディフック
B≪フルコンボ≫
=右左右左ジャブ+右左ボディフック
=左へウィーブ+ジャブクロス
=右へウィーブ+ジャブクロス

 

右左右左ジャブ+右左ボディフック

レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト,2019年

 

左へウィーブ+ジャブクロス

レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト,2019年

 

右へウィーブ+ジャブクロス

レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト,2019年

 

フルコンボ。フロントスタンスから左右にウィービングしてからジャブクロスを叩き込みます。

 

このウィーブ。コンバットスタンスに変わるので、足元注意。
また右へウィーブのあとにまた最初のフロントスタンスになるので、ここでの足の変化がかなり速めなので、膝を柔らかく使いたいところです。

 

【フェーズ2】
(コンバットスタンスで)
@ジャブクロスフック+スイッチジャンプ→逆のコンバットスタンスに

 

ジャブクロスフック↓

レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト,2019年

 

スイッチジャンプ:LEVEL1↓

レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト,2019年

 

レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト,2019年

 

 

スイッチジャンプ:LEVEL2(タックジャンプ気味に)↓

レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト,2019年

 

レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト,2019年

 

フェーズ2の「ジャブクロスフック」+「スイッチジャンプ」。
最初は軽くジャンプ。セットを重ねるごとにジャンプをタックジャンプ気味にLEVELアップして強度アップ(・∀・)b

 

パワー1でこの動作って、記憶になく新鮮です♪

2019年1月21日(月) ボディパンプ45分

トラック

リリースナンバー
曲名
アーティスト

ターゲットマッスル

1.ウォーミングアップ
(Warm Up)

【108-1】
「Panic Room」
Au/Ra & CamelPhat

全身

2.スクワット
(Squats)

【108-2】
「Pump It Up (Extended Mix)」
Nari, Pain

脚 / 臀部 / 内もも

3.チェスト
(Chest)

【108-3】
「Great Wide Open」
Thirty Seconds to Mars

胸(腕裏)

4.バック
(Back)

【108-4】
「Therapy (Extended Club Mix)」
Armin van Buuren feat. James Newman

背中 / 臀部 / 内もも

7.ランジ
(Lunges)

【108-7】
「Ready For It」
Carmada feat. Tribes

脚 / 臀部

8.ショルダー
(Shoulders)

【108-8】
「Boomshakalak (Extended Mix)」
MR.BLACK & Diego Miranda feat.The Kemist

9.コア
(core)

【108-9】
「Let You Be Right」
Meghan Trainor

腹筋

10.クールダウン
(Cool Down)

【108-10】
「Remind Me To Forget」
Kygo & Miguel

 

レッスン後記

月曜ボディパンプ45分。成人の日で祝日を挟んだため、実質2回目のリリース#108。

 

トラック7のランジ「Ready For It」。ランジとスクワットを交互に行う局面がメインなヒップアップトラック。
レップ数多めな昨今のランジ。それが抑えられていますが、一方でブログでも書きましたが、テンポ・ピッチが速めなので、
逆に心拍数が上がりやすいコリオ設計なのかなと推測します。

 

気をつけたいのが「スクワット」「ランジ」のスタンス幅です。

 

ランジ

レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト,2019年

 

ランジのスタンスは、セットポジションのスタンスが大原則。
セットポジション=腰幅、もしくはお尻の下にカカトがくる幅となります

 

スクワット

レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト,2019年

 

リリース#108のランジトラックのスタンスは「ミッドスタンス」。
ミッドスタンス=腰幅から半歩程度横。つま先は正面かやや斜めに向けるようにします。

 

スクワット⇔ランジの繰り返しコンビネーションになると、このスタンス幅が曖昧になります。
特に「ランジのスタンス幅がセットポジション幅になりがち」に注意したいところ。

 

微妙なスタンス幅の違いでも、筋肉に対しての刺激が変わります。満遍なく負荷を効かせるためにもスタンス幅、チェックを(・∀・)b

 

2019年1月20日(日) ボディパンプ60分

トラック

リリースナンバー
曲名
アーティスト

ターゲットマッスル

1.ウォーミングアップ
(Warm Up)

【108-1】
「Panic Room」
Au/Ra & CamelPhat

全身

2.スクワット
(Squats)

【108-2】
「Pump It Up (Extended Mix)」
Nari, Pain

脚 / 臀部 / 内もも

3.チェスト
(Chest)

【108-3】
「Great Wide Open」
Thirty Seconds to Mars

胸(腕裏)

4.バック
(Back)

【108-4】
「Therapy (Extended Club Mix)」
Armin van Buuren feat. James Newman

背中 / 臀部 / 内もも

5.トライセプス
(Tryceps)

【108-5】
「Say Amen (Saturday Night)」
Panic! At The Disco

腕裏

6.バイセプス
(Byceps)

【108-6】
「Make It Rain」
Fat Joe & Lil Wayne

腕表

7.ランジ
(Lunges)

【108-7】
「Ready For It」
Carmada feat. Tribes

脚 / 臀部

8.ショルダー
(Shoulders)

【108-8】
「Boomshakalak (Extended Mix)」
MR.BLACK & Diego Miranda feat.The Kemist

9.コア
(core)

【108-9】
「Let You Be Right」
Meghan Trainor

腹筋

10.クールダウン
(Cool Down)

【108-10】
「Remind Me To Forget」
Kygo & Miguel

 

レッスン後記

トラック5のトライセプス「Say Amen」。
ハードなバックトラックから一息つきたいところですが、それを許してくれないのが今回のトライセプストラック。

 

このトラック、3つの種目で構成されています。

 

@スタンディング・オーバーヘッドエクステンション
Aトライセプス・プッシュアップ
Bキックバック

 

キックバックは肘をいつも高くキープを!
レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト,2019年

 

レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト,2019年

 

最近のリリースにしては珍しく「パルス動作」が一切なし。その代わり、曲のピッチが早いので実際に音に合わせて動くと、まぁ早いことw(゚ロ゚;w
シングル動作になるとさらに加速していく感じ。

 

特にトライセプス・プッシュアップは膝付きで大丈夫ですが、それでも早い早いw(゚ロ゚;w。
こうなると腰が落ちて肝心要の「肘の曲げ伸ばし」甘くなります。腹圧重視の「コアトレーニング」にもなるのが今回のトライセプストラック(・∀・)b

 


スポンサードリンク

関連ページ

レスミルズ レッスン日記/2019年1月・5週目
佐藤拓巳のレスミルズ担当クラス、レッスンの様子とセットリスト、2019年1月5週目分です(・∀・)b (一部、曲の試聴も出来ます)
レスミルズ レッスン日記/2019年1月・3週目
佐藤拓巳のレスミルズ担当クラス、レッスンの様子とセットリスト、2019年1月3週目分です(・∀・)b (一部、曲の試聴も出来ます)
レスミルズ レッスン日記/2019年1月・2週目
佐藤拓巳のレスミルズ担当クラス、レッスンの様子とセットリスト、2019年1月2週目分です(・∀・)b (一部、曲の試聴も出来ます)
レスミルズ レッスン日記/2019年1月・1週目
佐藤拓巳のレスミルズ担当クラス、レッスンの様子とセットリスト、2019年1月1週目分です(・∀・)b (一部、曲の試聴も出来ます)

レスミルズ大好きページTOPに戻る
トップページ BP 曲 BC 曲 BB 曲 BS 曲 BA 曲 CX 曲 BJ 曲 シバム 曲 RPM 曲 レッスン日記