レスミルズインストラクター佐藤拓巳の「レスミルズ大好き(・∀・)b」

レスミルズ レッスン日記/2018年11月・3週目

2018年11月17日(土) ボディコンバット60分

トラック 曲名 アーティスト

1-a.ウォーミングアップ上半身
(Upper Warm Up)

【13-1】Drowning Boyz Boyz

1-b.ウォーミングアップ下半身
(Lower Warm Up)

【13-2】Dance The Planet DJ Taylor & Flow

2.コンバット1
(Combat 1)

【68-2】Push Kronic / East Movement / Savage

3.パワー1
(Power 1)

【43-3】Send Me An Angel (Weaver  Remix) Slinkee Minx

4.コンバット2
(Combat 2)

【8-5】Ihr Seid So  Leise Aquagen

5.パワー2
(Power 2)

【51-5】Kung Foo Fighting Kickers  Kingdom

6.コンバット3
(Combat 3)

【68-6】She Got It(Club Mix) Vandalism & Angger Dimas

7.ムエタイ
(Muay Thai)

【25-7】Electro Violence Independence  Days

8.パワー3
(Power 3)

【41-8】What Do You Want From Me (Squad E  Remix) Cascada

9.コンディショニング
(Conditioning)

【71-9】Time Snavs

10.クールダウン
(Cool Down)

【12-10】Bohemian Rhapsody Queen

 

レッスン後記

トラック6のコンバット3「She Got It」。久々にチョイスしたこの曲。パンチの動作は一切なしで「キック」と「ランジ」で構成されている脚のコンディショニングトラック的内容。

 

覚え直してやってみたら、まぁキックの数が凄まじいと。展開は以下↓

 

@サイドキック・フロントキック
Aサイドキック・フロントキック・バックキック・サイドタップ
Bバックキックリピーター
Cサイドキック・フロントキック・バックキック・サイドタップ
Dランジパルス

 

「サイドキック・フロントキック」が前フリで、Aがフルコンボ。セット1での蹴りこみ回数は↓

 

@=8発 A=24発 B=16発 C=18発

 

計66回。2セット合計132発。パンチならまだしも、キックでのこの回数はかなりの運動量。
しっかりプッシュプルが上手くいけば、ヒップアップ効果が得られますよ(・∀・)b

 

2018年11月16日(金) ボディコンバット45分

トラック 曲名 アーティスト

1-a.ウォーミングアップ上半身
(Upper Warm Up)

【58-1a】
Blow Me (One Last Kiss) (Max Kinscheck Remix)

Dirty Scandal

1-b.ウォーミングアップ下半身
(Lower Warm Up)

【58-1b】Scream (Tobi feat. LuTraXx Remix) Killah Swagger

2.コンバット1
(Combat 1)

【13-3】Call Me Manana Scooter

3.パワー1
(Power 1)

【27-3】Genie In A Bottle Speedway

4.コンバット2
(Combat 2)

【49-4a】Lord Of The Rings Nick Skitz vs Blissphoria
【49-4b】Hava Nagila Alex M vs Marc

6.コンバット3
(Combat 3)D.J.Tururu

【5-7】Countdown

7.ムエタイ
(Muay Thai)

【26-7】Rhythm & Police (K.O.G G3 Mix) CJ Crew feat. Christian D.

8.パワー3
(Power 3)

【59-8】Falling From The Sky Hixxy, Dave Castellano and Fat Steve

10.クールダウン
(Cool Down)

簡易ストレッチ

 

レッスン後記

トラック8のラストパワー、#59-8「Falling From The Sky」。このパワートラック、ここ最近では一番好きなトラックになったこの曲。
曲調・コリオ展開・運動強度ともに申し分なし。個人的には素晴らしいの一言。

 

特に終盤の追い込みがグッド↓

 

(フロントスタンスで)
@右Wフック・左Wフック×8
A右左4アッパー+右Wフック・左フック×4
B右Wフック・左Wフック×8
C右左8アッパー+右Wフック・左フック×4
D右左ジャブ×32(計64発)

 

この展開のパンチの数。数えてみたら224発。単純に凄いなと。先日もある方が仰ってました、

 

「普通の生活送っていたら、こんなにパンチもしないし、キックもしないよね」

 

まったくもってその通り。コンバットしてないとパンチなどはしませんよね。はたと何かに気づかされた思いに。

 

レスミルズの他のプログラムでもそうですが、普通に生活していたら出来ない動き・していない動きのテンコ盛りなわけで。
それは筋肉に対して、有効でポジティブなわけで。
それは長期的に見れば、継続すればするほど「怪我のしづらい身体へ」「年を取った時に足を引きずらずに済む」「生活習慣病」などへの対策になるわけで。

 

例えばたまにやるボーリング。なぜか次の日筋肉痛になりやすい(苦笑)。それだけ普段使っていない筋肉があるという証拠。
運動は続けてなんぼ。

 

そんなことを改めて思った今日のパワートラックでした・・・。

 

2018年11月15日(木) ボディパンプ45分/ボディコンバット45分

ボディパンプ45分

トラック

リリースナンバー
曲名
アーティスト

ターゲットマッスル

1.ウォーミングアップ
(Warm Up)

【51-1】
「One Step Away」
DJ Jurgen

全身

2.スクワット
(Squats)

【74-2】
「This Is Who I Am」
Annie Lee

脚 / 臀部

3.チェスト
(Chest)

【94-3】
「Burnin' Up」
Jessie feat. 2 Chainz

胸 / 腕裏

4.バック
(Back)

【61-4】
「Miracle (Extended Mix)」
Cascada

背中

7.ランジ
(Lunges)

【88-7】
「Play Hard」
David Guetta feat. Ne-Yo & Akon

脚 / 臀部

8.ショルダー
(Shoulders)

【102-8】
「Feel It」
GTA & What So Not feat. Tunji Ige

9.コア
(core)

【80-9】
「Rolling In The Deep」
Colourbox

腹筋

10.クールダウン
(Cool Down)

【80-10】
「Fade Into Me」
David Cook

 

レッスン後記

トラック8のショルダー「Feel It」。バーの使用は無く、全てプレートでのエクササイズ。バーやプッシュアップがないトラックも珍しいところ。

 

この曲、覚えている方もいらっしゃるかと思いますが、「アーノルドプレス」がポイントにして山場↓

 

@
レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト

 

A
レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト

 

B
レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト

 

C
レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト

 

D
レスミルズ,レッスン後記,曲,試聴,セットリスト

 

@からDの要領でプレートをコントロールします。ポイントはBとC、そして「肘の高さ」にあります。
Bで挙上する際、真上でなはく、斜め上方向に持ち上げます。そしいぇCで閉じる際に肩の真上に移動。こうすることにより、肩の筋肉の緊張を持続させます。

 

そして最大のポイントは肘の高さ。肘が下にある@ADのポジションでは肘が「肩のラインから下がらないようにする」。肘の高さをキープすることにより、肩の筋肉・前部への刺激持続を狙います。肘の高さが下がると緊張が弱くなるので注意。

 

肘の高さをキープするには「お腹の腹圧」がやはり大事です。グッとこらえて「腰が反らないように」しながらこらえましょう!

 

 

ボディコンバット45分

トラック 曲名 アーティスト

1-a.ウォーミングアップ上半身
(Upper Warm Up)

【30-1a】Apache Rocks The Bottom! (Radio Edit) Scooter

1-b.ウォーミングアップ下半身
(Lower Warm Up)

【30-1b】Somebody Told Me The Killers

2.コンバット1
(Combat 1)

【12-3】Rock, Rocking The Spot Bomfunk Mc's

3.パワー1
(Power 1)

【40-3】Sweetheart (Squad E Remix) Rezonance

4.コンバット2
(Combat 2)

【49-4a】Lord Of The Rings Nick Skitz vs Blissphoria
【49-4b】Hava Nagila Alex M vs Marc

6.コンバット3
(Combat 3)

【51-6】Where Them Girls At (Mix I) Olson Bjerre

7.ムエタイ
(Muay Thai)

【21-7】Going Insane Warp Brothers

8.パワー3
(Power 3)

【42-8】Miracle (SAD Remix) Cascada

10.クールダウン
(Cool Down)

簡易ストレッチ

 

レッスン後記

トラック6のコンバット3「Where Them Girls At」。コンバット3は、

 

・最近では脚のコンディショニングトラック
・過去ではリカバリー的な意味合い
・時折やってくるラッシュ系コリオ展開。

 

この曲は3つ目のラッシュ系トラック。特にセット前半から中盤への展開

 

(コンバットスタンスで)
@バックキック+フロントニー・パルス×4
Aバックキック+トリプルフロントニー×4
Bバックキック+Wフロントニー+1フロントキック×8

 

Aが始まったらBの8レップが終わるまで止まらないノンストップ「バック&フロント」。このあたり、バックキックの「プッシュ・プル」のプルが甘くなりがち。

 

ボディコンバットのキックは、全てのキックにおいて「蹴ったら蹴り戻す」が大前提。そうすることによって、「もも裏」「臀部」の筋肉を刺激・関与させます。このサイトでも何度となく触れてますが、特段臀部の筋肉は日常生活で使う頻度が少ないので弛みがち。キックは「プッシュ」したら「プル」まで意識を(・∀・)b

 

2018年11月13日(火) ボディコンバット60分

トラック 曲名 アーティスト

1-a.ウォーミングアップ上半身
(Upper Warm Up)

【58-1a】Blow Me (One Last Kiss) (Max Kinscheck Remix) Dirty Scandal

1-b.ウォーミングアップ下半身
(Lower Warm Up)

【58-1b】Scream (Tobi feat. LuTraXx Remix) Killah Swagger

2.コンバット1
(Combat 1)

【21-2】The Roof Is On Fire The Grim Reaper

3.パワー1
(Power 1)

【27-3】Genie In A Bottle Speedway

4.コンバット2
(Combat 2)

【19-4】Where Are You Paffendorf

5.パワー2
(Power 2)

【53-5】True Believer (Styles And Breeze Remix) E-Type

6.コンバット3
(Combat 3)

【24-6】Full Metal Jackass Special D

7.ムエタイ
(Muay Thai)

【50-7】Eye Of The Tiger Uprising

8.パワー3
(Power 3)

【59-8】Falling From The Sky Hixxy, Dave Castellano and Fat Steve

9.コンディショニング
(Conditioning)

【75-9】Marching On Krewella

10.クールダウン
(Cool Down)

【11-10】Sing Travis

 

レッスン後記

個人的にあまりチョイスしないトラック6のコンバット3「Full Metal Jackass」。
曲が好みでないとか、動作が好みでないとかでもなく、フルコンボ前の敬礼動作が恥ずかしくて(苦笑)。

 

@(ゆっくり)デコイターン+ジャブ×4
A(速く)デコイターン+右ジャブ・パルス×4
B【フルコンボ】デコイターン+ジャブ+バックキック×12

 

コリオ自体はシンプルバックキックトラック。デコイターンで足元の攻撃をかわしジャブで反撃。後ろから来た敵にバックキックでフィニッシュ。
前後の敵を想定したコリオ。

 

で、AとBの8カウントの間で敬礼します。え〜敬礼です(苦笑)。警官さんのアレです(苦笑)。
やらなくてもいいのですが、逃げたと思わるのもなんだかなと(苦笑)。

 

2018年11月12日(月) ボディパンプ45分

トラック

リリースナンバー
曲名
アーティスト

ターゲットマッスル

1.ウォーミングアップ
(Warm Up)

【96-1】
「Five Move Hours」
Deorro × Chris Brown

全身

2.スクワット
(Squats)

【74-2】
「This Is Who I Am」
Annie Lee

脚 / 臀部

3.チェスト
(Chest)

【94-3】
「Burnin' Up」
Jessie feat. 2 Chainz

胸 / 腕裏

4.バック
(Back)

【61-4】
「Miracle (Extended Mix)」
Cascada

背中

7.ランジ
(Lunges)

【88-7】
「Play Hard」
David Guetta feat. Ne-Yo & Akon

脚 / 臀部

8.ショルダー
(Shoulders)

【102-8】
「Feel It」
GTA & What So Not feat. Tunji Ige

9.コア
(core)

【97-9】
「Young & Stupid」
Travis Mills feat.T.I.

腹筋

10.クールダウン
(Cool Down)

【107-10】
「Miss You (NVOY Remix)」
Young Franco

 

レッスン後記

トラック3のチェスト「Burnin' Up」。女性ボーカルが際立つ聴いていて気持ちの良い曲。それとは反比例するかのごとく、ボトムハーフパルスが多めで、終了後の胸のバーン感・ヒリヒリ度が高め。

 

中盤から後半のある流れ↓

 

@ベンチプレス 4ボトムハーフパルス×8

 

Aベンチプッシュアップ 2/2×2
Bベンチプッシュアップ 16パルス

 

ベンチプレスで「4ボトムハーフパルス」が8レップ、ベンチプッシュアップで16パルスとかなり多め。
パルス動作は、疲労が蓄積しますと、腰・お尻が下がって胸に100%効きません。膝を持ち上げてお尻が下がるようであれば、勇気をもって膝をつく決断を。その方が、胸に刺激が入りますよ!

 

また、どちらの動作も腕裏の「上腕二頭筋」を補助的に使用します。ベンチプレス・プッシュアップの強度を上げたい方は、マシンジムで腕裏のトレーニングをおススメします。

 

主には

 

フレンチプレス
プレスダウン
トライセプス・エクステンション
ディップス

 

などなど。補助をしている筋肉も鍛えてトラック3をこなしましょう(・∀・)b

 

2018年11月11日(日) ボディパンプ60分

トラック

リリースナンバー
曲名
アーティスト

ターゲットマッスル

1.ウォーミングアップ
(Warm Up)

【96-1】
「Five Move Hours」
Deorro × Chris Brown

全身

2.スクワット
(Squats)

【78-2】
「Beautiful Monster (Damn-R Remix)」
Mick Lion

脚 / 臀部 / 内もも

3.チェスト
(Chest)

【92-3】
「The Phoenix」
Fall Out Boy

胸(腕裏)

4.バック
(Back)

【102-4】
「Blame」
Zeds Dead & Diplo feat.Elliphant

背中 / 臀部 / 内もも

5.トライセプス
(Tryceps)

【101-5】
「Friday」
PARRI$

腕裏

6.バイセプス
(Byceps)

【70-6】
「Gotta Be Somebody」
Nickelback

腕表

7.ランジ
(Lunges)

【105-7】
「How Do You Feel Right Now」
Axwell/\Ingrosso

脚 / 臀部

8.ショルダー
(Shoulders)

【75-8】
「Ravers In The UK (Hypasonic Remix)」
Manian

9.コア
(core)

【97-9】
「Young & Stupid」
Travis Mills feat.T.I.

腹筋

10.クールダウン
(Cool Down)

【107-10】
「Miss You (NVOY Remix)」
Young Franco

 

レッスン後記

ブログでも書きましたが、なかなかなハードトラックを並べたセットリスト。特段、トラック4のバックがかなりの高強度。ここで汗でウェアがびちゃびちゃになりました。

 

それとともに強度↑だったのが直後のトラック5・トライセプス「Friday」。これを書いている現在、腕裏に心地よい筋肉痛♪
4種目で5セット↓

 

@スタンディング・オーバーヘッドエクステンション

Aディップス

Bシーテッド・オーバーヘッドエクステンション

Cトライセプス・プッシュアップ

Dシーテッド・オーバーヘッドエクステンション

 

2つ目のディップスで結構な追い込まれた感に( ;∀;)。ディップスの「1/1/2」は強烈ですよね。
さてこのディップス。

 

 

台に手をついての動作。自重が腕裏に掛かりますが、行っているとお尻が台から離れそうになっていませんか?こうなると負荷が逃げますので、もったいない状態。お尻と台は常に近いままで肘の曲げ伸ばしを(・∀・)b

 

ディップスのポイント

・肩幅で手をつく
・肘を深く曲げるようにして沈む
・お尻が台から離れすぎないようにする(ここ大事!)
・背中が丸まらいないように胸を張る(ここ大事!)

 


スポンサードリンク

関連ページ

レスミルズ レッスン日記/2018年12月・2週目
佐藤拓巳のレスミルズ担当クラス、レッスンの様子とセットリスト、2018年12月2週目分です(・∀・)b (一部、曲の試聴も出来ます)
レスミルズ レッスン日記/2018年12月・1週目
佐藤拓巳のレスミルズ担当クラス、レッスンの様子とセットリスト、2018年12月1週目分です(・∀・)b (一部、曲の試聴も出来ます)
レスミルズ レッスン日記/2018年11月・5週目
佐藤拓巳のレスミルズ担当クラス、レッスンの様子とセットリスト、2018年11月5週目分です(・∀・)b (一部、曲の試聴も出来ます)
レスミルズ レッスン日記/2018年11月・4週目
佐藤拓巳のレスミルズ担当クラス、レッスンの様子とセットリスト、2018年11月4週目分です(・∀・)b (一部、曲の試聴も出来ます)
レスミルズ レッスン日記/2018年11月・2週目
佐藤拓巳のレスミルズ担当クラス、レッスンの様子とセットリスト、2018年11月2週目分です(・∀・)b (一部、曲の試聴も出来ます)
レスミルズ レッスン日記/2018年11月・1週目
佐藤拓巳のレスミルズ担当クラス、レッスンの様子とセットリスト、2018年11月1週目分です(・∀・)b (一部、曲の試聴も出来ます)
レスミルズ レッスン日記/2018年10月・5週目
佐藤拓巳のレスミルズ担当クラス、レッスンの様子とセットリスト、2018年10月5週目分です(・∀・)b (一部、曲の試聴も出来ます)
レスミルズ レッスン日記/2018年10月・4週目
佐藤拓巳のレスミルズ担当クラス、レッスンの様子とセットリスト、2018年10月4週目分です(・∀・)b (一部、曲の試聴も出来ます)
レスミルズ レッスン日記/2018年10月・3週目
佐藤拓巳のレスミルズ担当クラス、レッスンの様子とセットリスト、2018年10月3週目分です(・∀・)b (一部、曲の試聴も出来ます)
レスミルズ レッスン日記/2018年10月・2週目
佐藤拓巳のレスミルズ担当クラス、レッスンの様子とセットリスト、2018年10月2週目分です(・∀・)b (一部、曲の試聴も出来ます)
レスミルズ レッスン日記/2018年10月・1週目
佐藤拓巳のレスミルズ担当クラス、レッスンの様子とセットリスト、2018年10月1週目分です(・∀・)b (一部、曲の試聴も出来ます)

レスミルズ大好きページTOPに戻る
トップページ BP 曲 BC 曲 BB 曲 BS 曲 BA 曲 CX 曲 BJ 曲 シバム 曲 RPM 曲 レッスン日記